初めてでも安心!わかりやすいクレジット現金化の仕組み

これさえ読めば大丈夫!クレジット現金化の仕組み

現金化,仕組み,

詳しくクレジットカード現金化の仕組みについて説明しているサイトはたくさんありますが正直細かいところは現金化することにおいてあまり必要ではありません。

 

利用する方が必要とする知識はいろんな情報を見極めるための知識ではないでしょうか?

 

安全にクレジットカード現金化をするのであればキャッシュチェンジを利用すれば何も問題ないと思いますが初めてだといろんな業者が気になってしょうがないと思います。

 

納得行くまで比較したり業者選びをすることは悪いことではありませんのでそのときに参考になればと思いますのでぜひお読みください。

クレジットカード現金化はお金を借りることとは少し違う

現金化,お金を借りる,換金率

よくクレジットカード現金化はお金を借りる事と同じと思っている方がいますが厳密に言うとお金の貸し借りは融資にあたりますので日本では金融法が適用されます。

 

しかしクレジットカード現金化は融資には該当しませんのでその盲点を突いた裏技的金策とされ審査もなくクレジットカードさえあれば誰でも利用することができます。

 

さて本題に入りますがこの違いがみなさんが一番の関心事としている換金率の話に結びつきますので掘り下げてお話しましょう。

法律の盲点=何でもあり

現金化,法律の盲点,裁量

良くも悪くも規制されるものがありませんので優良店を見つけることができれば晴れて安全な現金化ができますが、悪質な業者を利用してしまうと換金率は驚くほど低い内容となってしまいます。

 

おおよそ現金化の仕組み上、業者の取り分は利用者が使う金額の20〜30%とされています。

 

利用者の立場でいうと換金率は70〜80%です。

 

これはサイトを運営するための経費も含まれますので、「そんなに取るなんて暴利だ!」なんて思わないでください。

 

昔はネットも発達していなかったので店舗型でした。その時は店舗の家賃代もありましたし今では考えられない余計な経費があったと思いますから業者の取り分は40%弱です。

 

換金率は60%が普通という時代です。

 

それを思うと今の業者は無店舗型なのでその分まっとうにやってるサイトは利用者に還元してるなとつくづく思います。

 

現金化はグレーな位置づけではありますし規制と言うものがありませんのですべて業者の裁量で運営がされています。

 

>>>キャッシュチェンジの換金率

ネットの広告はあくまでも広告です

ネットの広告は広告

「換金率90%以上ってどこもネットに書いてあるじゃないか」ってそろそろ言われそうなのでそれについてお話します。

 

管理人も長きに渡り何十社も利用してきましたがあれは広告です。

 

嘘ではないのでしょうけどその換金率にたどり着くまで多くの条件をクリアしないと到底ムリです。

 

ましてや新規の申し込みだと利用金額何百万の世界ですよ多分。

 

業者もお客さんがいないと成り立たないので目立たせるために嘘でない範囲で広告しているんです。どの業界もそれは同じなのではないでしょうか。

 

例えばそんなに簡単に痩せられるのかなと見ているネット通販の番組の「※あくまでも個人の感想です」なんてまさにこれと同じです。

要するにこれさえ押さえてください

クレジットカード現金化の仕組みまとめ

  • ネット上の情報はすべてを信じないでください
  • 気になったら直接確認してください
  • 換金率は70〜80%で考えてください
  • 詐欺業者もいますので十分注意してください
  • 初めてなら安全に現金化できる業者をおすすめします
  • 急いでなかったら日雇いの仕事でもしたほうがいいですよ
  • 計画性のある利用ならとても便利です

 

どうしても今すぐ現金が必要ならたくさん現金化業者はありますが管理人が利用してみてキャッシュチェンジは安心して利用できました。

 

キャッシュチェンジ 公式サイト


キャッシュチェンジバナー150

このエントリーをはてなブックマークに追加