キャッシュチェンジの違法性はない?

クレジット現金化の違法性とは

クレジットカードで現金化する時に違法性について一度は気になって調べることがあると思いますが、たしかに違法性の高い現金化サービスを提供している業者は存在します。

 

しかしキャッシュチェンジを今から利用しようとしている方はご安心ください。

 

キャッシュチェンジの現金化サービスは機密性が高く誰にもバレることがないほか安全に現金化できるのでカード会社にもバレる心配はありません。

 

指定された商品を購入してキャッシュバック特典が受けられるだけなので現金化目的とはなりにくくなっています。

 

さらに利用者が今まで逮捕されたことは一度もなくあまり過度に心配する必要はあまりありません。

 

クレジット現金化の違法性とは見方によってはそう捉えられるものなので、例えば路上でゴミをポイ捨てしたら不法投棄として違法とされますがポイ捨てしたからといって逮捕されることは実際にはあまり聞きません。

 

表立ってすればもちろん警察も見逃しはしませんが現行犯でもない限りは立証が難しく目くじらを立てて摘発に尽力はしないのではないでしょうか。

 

これと同じで現金化も違法性はゼロではありませんが、クレジットカードで決済する時点で現金化の意思があれば問題のですがそれを証明するのは非常に困難とされていますので実際に利用者で逮捕者が出ていないとされています。

 

5分で分かるクレジットカード現金化の仕組み

キャッシュチェンジバナー150

キャッシュチェンジの現金化システムは安全!!

現金化行為自体、その違法性を指摘する点は否めませんが利用者の逮捕は一人も出ていません。

 

キャッシュチェンジはそういった点では利用者に安全に使ってもらえるように配慮しています。

 

決済するサイトは通販サイトで通常のショッピングをするだけなので違法性はありません。

 

しかも現金化するといってもキャッシュバック特典付き商品を購入した際の現金還元を受け取るだけなので違法性は極めて低くなります。

 

もちろんキャッシュバックを受け取っているだけなので現金化目的のカード利用とも言えません。

 

ちなみに景品表示法について指摘しているサイトもありますが、商品購入した人が全員適用となるキャッシュバックは例外とされていますので違法性もありません。

 

こうした細かい専門的な部分もキャッシュチェンジは配慮して安心して利用できるような現金化システムを採用しているので安全といえます。

最後に必ず守るべきこと

違法性は低く逮捕される心配が限りなく低いキャッシュチェンジの現金化システムですが商品を購入している以上品物を受け取らないと商取引偽装となり現金化が発覚した場合言い逃れができなくなります。なので必ず購入商品は受け取るようにしましょう。

 

ショッピング枠現金化は違法性がゼロでは無いですが賢く利用することでこれほど便利な金策はありません。

 

キャッシュチェンジを利用するときも違法性が全く無いとは言い切れませんがスタッフのアドバイスや説明をしっかり聞き安全なクレジット現金化をすることをオススメします。

合わせて読みたい関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加